「見える喜びをお手伝い」
安全・安心・確かな白内障手術

当院のモットーは「見える喜びをお手伝い」です。
地域に信頼され、愛される眼科を目指しています。

厚生労働省より
「先進医療実施施設」として認定

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の先進医療認定を受けている県内でも数少ない眼科クリニックです

検査の専門家が
的確な眼内レンズを選択

眼科検査専門の視能訓練士(ORT)が
信頼の技術と知識で的確なレンズを選びます。

白内障について

白内障は手術をすれば確実によくなります

白内障は眼科の中でもとても大きな領域です。一般の方々に知っていただきたいのは、誰もがかかる病気であり、そして手術をすれば確実によくなるということです。

白内障について

水晶体が濁って視界が悪く
私たちが「目で見ている像」は、角膜と水晶体を通過してきた光が網膜に映ったものです。
水晶体の役割は網膜での像が焦点(ピント)の合った状態になるように光を屈折させることですが、この目の中のレンズである水晶体が濁っている状態が白内障です。水晶体は水晶体嚢という薄い膜に包まれていて、直径は10mm前後、年を取るにしたがって厚くなります。
濁りの原因としては、老人性白内障と呼ばれる加齢によるものが大多数を占めています。ほかの原因には、先天的なもの、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷、薬剤の副作用などがあります。近視の強い方に出やすいともいえます。
40代から徐々に増え始め、加齢とともに増加し50代では半分ほどの方にみられ、80歳以上の高齢者はほとんどの方に白内障の症状があるといわれます。進行の速さには個人差があります。
自覚症状としては、水晶体が濁ると光が散乱するため、目がかすんだり、ものが二重に見えたり、まぶしく見えるなど、見え方の異常を感じます。進行により視力も低下します。

治療法

手術で眼内レンズを挿入
目薬で進行を遅らせることはできますが、残念ながら濁った水晶体をもとに戻すことはできません。根本的な治療として、手術により濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入する方法が取られます。手術は片方ずつ、数週間ずらして設定します。

手術の概要

短時間とはいえ、高い技術が必要
手術は局所麻酔のうえ、顕微鏡を使って行われます。手術中の痛みはほとんどありません。眼球を数ミリ切開して、超音波機器である吸引管を差し込み、水晶体を吸い出します。その後、水晶体を包んでいた水晶体嚢の中に眼内レンズを挿入します。
短い時間で完了し、その日のうちに帰宅できますが、「簡単な手術」というわけではありません。高度な技術と精密な機器が必要です。
しっかりとコミュニケーションがとれ、信頼できる眼科医院で受診することをお勧めします。

通院

経過観察でしっかりフォロー
手術後は抗菌薬・抗炎症薬をしばらく点眼していただきます。眼鏡の度数が変わるので落ち着いた段階で眼鏡処方も検討します。