「見える喜びをお手伝い」
安全・安心・確かな白内障手術

当院のモットーは「見える喜びをお手伝い」です。
地域に信頼され、愛される眼科を目指しています。

厚生労働省より
「先進医療実施施設」として認定

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の先進医療認定を受けている県内でも数少ない眼科クリニックです

検査の専門家が
的確な眼内レンズを選択

眼科検査専門の視能訓練士(ORT)が
信頼の技術と知識で的確なレンズを選びます。

各種機器・設備

高性能機器と豊富な経験の相乗効果を

高い技術を発揮するため、手術顕微鏡や超音波手術システムなど最新鋭の機器を積極的に導入しています。
検査室や手術室ではクリーンな環境を整え、患者さんに安心を感じていただける診療を行います。

機器・設備

検査室

当院が重視する分野です。
白内障の手術では、眼内レンズの選択が大きく影響するからです。眼科検査の専門家である視能訓練士(ORT)が信頼いただける技術でぴったりのレンズを選びます。

診察室

専用のモニターを見ながら、画像やイラストを用いて白内障について分かりやすく、納得いただけるまで説明します。
レンズの特徴により術後の見え方が違うので、どのように見えるかというシミュレーション写真もお見せしますが、わかりやすいとご好評をいただいています。

手術室

滅菌処理されたクリーンルームで手術を行います。
ドイツ製の手術顕微鏡など最新鋭の機器を常に更新して導入するとともに、院長以下、眼科専門医、麻酔科医、看護師、視能訓練士が一体となって万全の態勢で治療にあたります。

手術顕微鏡

最新鋭のカールツァイス社製を使用しています。
白内障などの内眼手術では顕微鏡の性能が大きく作用します。
当院の顕微鏡は視野が非常に明るく、シャープな像で、手術の精度、安全性を大幅に高めています。

白内障手術装置

最新鋭のアルコン社製「INFINITI」を導入しています。
超音波振動で濁った水晶体を破砕吸引する最新の手術装置で、安全性と効率性に優れ、大学病院などでも採用されている高性能な機種です。

これまでの手術装置と比較しても、眼球へのストレスや術中の合併症を大きく減少させることができます。

マルチカラーレーザー光凝固装置

緑内障での虹彩、糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜剥離等の治療に使用します。

眼科用YAGレーザー手術装置

白内障手術後の後発白内障の処置に使用するレーザー装置です。

OCT Retina Scan 光干渉断層計

緑内障や網膜疾患などの診断に必要な検査機器です。

動的視野検査(ゴールドマン)

見えている範囲(視野の範囲)を測定する検査機械です。

静的視野検査(ハンフリー)

目の中心部の視野を測る検査装置です。

緑内障の初期診断や加齢性黄斑変性症の診断に役立ちます。

受付・待合室

ゆったりとしたスペースを取り、クリニックというストレスを感じずに過ごしていただけます。
いすは長椅子ではなく、お一人ずつに分かれたシートを配置しています。もちろん、バリアフリーです。電子カルテや電子会計システムを採用し、お待ちいただく時間の短縮に努めています。自動ピアノによる演奏を聞きながら、心身を休めていただきたいと思います。

ドリンクサーバー

コーヒーやお茶をご用意しておりますので、お待ちの間ご自由にご利用下さい。

併せてお読みください