「見える喜びをお手伝い」
安全・安心・確かな白内障手術

当院のモットーは「見える喜びをお手伝い」です。
地域に信頼され、愛される眼科を目指しています。

厚生労働省より
「先進医療実施施設」として認定

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の先進医療認定を受けている県内でも数少ない眼科クリニックです

検査の専門家が
的確な眼内レンズを選択

眼科検査専門の視能訓練士(ORT)が
信頼の技術と知識で的確なレンズを選びます。

眼内レンズの種類

多様なレンズをライフスタイルに合わせて

単焦点、多焦点などいくつかの種類があります。
当院では特定のレンズを推奨することはしていません。患者さんのライフスタイルに合わせて選んでいただきたいからです。選択肢をご提示し、納得いただくまでそれぞれの説明をします。

レンズ選択の考え方

ライフスタイルにあわせて
白内障は濁った水晶体を吸い出して、代わりに眼内レンズを挿入することで治療します。眼内レンズには、焦点の合わせ方などでいくつかの種類があります。
当院では、特定のレンズを推奨することはしていません。その理由は、患者さんのライフスタイルに合わせて選んでいただきたいからです。
もちろん、選択肢をご提示し、納得いただくまでそれぞれの説明をします。そのうえで、ご家族と相談することも良いと思います。

近くを見たいか、遠くを見たいか……
たとえば、単焦点だと焦点を遠くに合わせれば近くがぼやけます。スーパーマーケットに買い物に行ったら、野菜や肉はよく見えますが、買いものメモが見にくいということになり、近いところを見るための老眼鏡が必要になります。近くに焦点を合わせると近眼の状態になるので、遠くを見るときには近眼用のメガネが必要です。多焦点レンズは両方見えますが、保険適用ではありません。

度数の調整が大切
このような特徴を比べて、ご本人のライフスタイルに合わせた選択をしていただきます。
白内障治療の領域では、多焦点眼内レンズが先進医療にあたります。手術自体は全額自己負担となりますが、その前後に受ける診察、検査、投薬などについては一般の保険診療と同じように公的医療保険が適用されます。先進医療給付を民間の医療保険で加入している場合は、保険より給付されます。
また、レンズの種類だけでなく、度数の調整も大切です。視能訓練士(ORT)により1人ひとりに合わせたきめ細かい検査を行っています。

単焦点眼内レンズ

上の図のような見え方になります。図では遠くにピントがあっていますが、近くに合わせるレンズかどちらかの選択になります。患者さんのライフスタイルにより選択いただけます。保険が適用されます。
焦点が合う距離が1カ所なので、遠くに合わせるか、近くに合わせるかを選びます。遠くに合わせた場合は老眼鏡を、近くに合わせた場合は近視用のメガネが必要となります。
一般的に、若い時に近視だった方は近くに焦点を合わせたほうがこれまでの生活習慣に合わせた選択となります。

多焦点眼内レンズ

遠くと近くにピントが合うように設計されています。眼鏡への依存度を大幅に減らすことができます。
保険適用外ですが、当院は先進医療実施医療機関に承認されているので、特約に入っている方は給付の対象となります。

乱視矯正眼内レンズ

近視だけでなく乱視の矯正ができます。保険適用の眼内レンズです。

併せてお読みください