「見える喜びをお手伝い」
安全・安心・確かな白内障手術

当院のモットーは「見える喜びをお手伝い」です。
地域に信頼され、愛される眼科を目指しています。

厚生労働省より
「先進医療実施施設」として認定

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の先進医療認定を受けている県内でも数少ない眼科クリニックです

検査の専門家が
的確な眼内レンズを選択

眼科検査専門の視能訓練士(ORT)が
信頼の技術と知識で的確なレンズを選びます。

当院の日帰り手術

当院は、厚生労働省から「先進医療実施医療機関」として認定されています。

多焦点眼内レンズを使用した治療に対応
当院は、厚生労働省から「先進医療実施医療機関」として認定されています。
先進医療制度とは、現状では保険適用されていない新しい医療技術の中で、安全性と治療効果が確保された技術について、保険診療との自費治療の併用が認められるものです。ただし、先進医療実施医療機関でしか適用されず、認定された医療機関以外で治療を受けた場合は、「先進医療」としての適用にはなりません。
白内障治療の領域では、多焦点眼内レンズが先進医療にあたります。手術自体は全額自己負担となりますが、その前後に受ける診察、検査、投薬などについては一般の保険診療と同じように公的医療保険が適用されます。先進医療給付を民間の医療保険で加入している場合は、自己負担分はなくなります。

 

厚生労働省WEBサイト:先進医療を実施している医療機関の一覧へ

スタッフが親切に対応しますのでお気軽にお声をかけて下さい。

当院では日帰り手術を行っています。
日帰りだからといって簡易化していたり、スピードを追求したり、機械的に流したりということではありません。お一人ずつ丁寧に経験と実績にもとづいた技術で対応しています。

一人ひとりの患者さんにあった手術を行うよう心掛けています。また、眼の手術ははじめてという患者さんが多いですがスタッフが親切に対応しますのでお気軽にお声をかけて下さい。

手術の流れを見てみましょう

来院

当院の手術日は月曜日午後です。
予約した時間に来ていただきます。もちろんご家族と一緒でも大歓迎です。待合室は広く取ってあるので、ゆったりと緊張せずにお待ちください。不安なことや心配などがあったら、お気軽にスタッフに相談してください。安心して手術を受けていただけるようにお気持ちの面からもサポートします。

準備

問診をしたり、視力や血圧を測ったりと、体調のチェックを行います。
まず、瞳を開く目薬をさし、気持ちを落ち着ける安定剤を飲んでいただきます。

手術

点眼による麻酔のあとに施術します。
微細な切開創から濁った水晶体を超音波を利用した機器で吸い取り、眼内レンズを挿入します。安全第一を心掛け手術を行っています。全身状態は麻酔科医が管理していますのでご安心下さい。

術後

30分ほど休んでから、眼帯を付けて帰宅いただきます。
感染を予防するために3カ月程度の間、抗炎症剤の目薬を毎日使用していただきます。サングラスや保護メガネを利用する方もいます。

生活上の注意点

目に衝撃を加えない、汚い手で触らない、ということが最も大事です。
通常は軽い運動やデスクワークは2~3日後から可能です。
洗顔は月曜日の手術のあと、土曜日から行っていただけます。

併せてお読みください